012911

肉食系と草食系の若い人

012911
今の若い人は「恋人がどうしてもほしい」肉食系を「別にいらない」草食系に二分されていると思います。

私の友達はどちらかというと肉食系で、私は後者の草食系です。

前者の肉食系ですが、すぐに出会いを求ることに積極的だと感じます。
私の周りでは例えば女子高の人は男子校の学園祭に参加していい人を見つけようとしていました。
共学でも中には運動部のマネージャーになったり、男子が多いほかの学科に顔を出す人もいます。
また知り合いに「誰かいたら紹介して」というお願いも肉食系はよくしていました。
その出会いから付き合う人もいれば、この人は友達と割り切ってまたその友達を紹介してもらうという人もいます。
ただ肉食系と言っても誰でも付き合えるわけではなく、理想のタイプはあるようです。

そして後者の草食系ですが、何かしろの趣味を持っていたり、友人と遊ぶ方が楽しい人が多いように感じます。
自分の例になりますが、私はマンガやアニメが好きで、恋人とかよりも友人とそのことについて話す方がとても充実していました。
そのため男の友達がいても意識せず、紹介も受ける理由がないので受けませんでした。
むしろ出会いを求めている友達にまわすこともありました。
ただ草食系と言っても恋愛にまったく興味がないのではなく、まったく人と付き合いたくないわけではありません。

若い人は大まかにそのふたつに分かれていて、結果恋愛経験が豊富な人は豊富で、乏しい人は乏しいと考えます。
そのため20歳になっても恋人がいない人もいれば、もう子供ができている人だっているのです。
私は若い人だから「もっと恋愛してほしい」というわけでもありません。
だからと言って「若い人は恋愛についてもっと慎むべきだ」ともいいません。
ただ肉食系が草食系を「そろそろ恋人作ればいいじゃん情けない」とか、草食系が肉食系を「どんだけ恋人に飢えてんだよ、こんなのにはなりたくない」などとお互いを否定したり見下したりしなければ、若い人の恋愛もいろいろあっていいと思います。

若い人は恋愛だけでなく、人生についてもそれなりに自由なので、いろいろあっていいと考えます。

012910

人間回転寿司

012910
これらは私の実体験のお見合いパーティのお話です。

私が20歳の頃、正直に言うと私はお付き合いをしたことがありません。
この年齢でそれはヤバいと感じて、お見合いパーティに参加する決意を持ちました。
でもネットでお見合いパーティを検索をするとちょっと敷居が高いものが多く、
また私はオタクでした。
いわゆるリア充系のお見合いパーティなんて無理無理と思ってました。
でも今は本当になんでもある時代なんですね。
あったんですよ、オタク同志のお見合いパーティが!!
それも女性は参加料金が1000円!ネットで申し込むと半額!500円です!
こんな格安危ないんじゃって思いましたが、ドケチな私はそんなことは一切考えずに申し込みました。
また丁度友達もそういったパーティに興味を持っていたので2人できゃっきゃしながら参加しました。

オタクというのでちょっと不細工な人が多いんじゃないかと思いましたが、外見に関しては全然普通の人ばかりでした。オタクですけど。
色々パーティ開始までに周りを見てると女子も割と普通の子が多くて、正直中の上の顔の私は「このお見合い、勝った!!」と思いました。

で、肝心のパーティがついに始まりました。まず驚いたのはその人数の多さです!
男女共に20名ずつ。
ネットでもその数字は掲載されてましたが、実際にはその倍はいるんじゃないかと感じさせる密度!
(*実際はそんなことなく本当に男女20名ずつです)
簡易的な机と椅子に座ってどうやるんだろうと思ったら、
10分置きに男性が回転寿司場に席をまわって全員とお話するという形式でした。
10分?!そんなので相手がわかるの!?私誰ともお付き合いしたことないのに!
って思ったのですが、意外や意外。最初の人が好感度の高い明るく饒舌な人でほっと一息。
だと思いましたか?ところがどっこい。10分はとてつもなく短い。
まわるまわる人間回転寿司。代わる代わる10分置きの男性。
中には好感度の高い男性もいれば、プロフィールを見てもよく分からないジャンルのオタクがいたりで大変でした。
もう兎に角大変大変。全部まわったところで息切れしそうな位にくたびれました。正直もう帰りたい気持ちでいっぱいな位疲れました。
その後も人間回転寿司は行なわれましたが、その時は自分が好感を持てた人のみだったので人数は少ないです。因に私は結構お相手しました♥
で、最終的には上手い具合にカップル成立しちゃいました。
残念な事にお互いの仕事が忙しくってタイミングがあわないことで手を繋ぐ事もなくお別れしてしまいました。
でもまたやる気と機会があれば参加したいですね。

012909

若い子の恋愛事情

012909
恋愛は若い子の専門分野。
若い時代に恋愛を楽しんでいた人が多数だと思われます。
若い子は、恋に恋をする傾向にあるために、すぐに恋愛モードになってしまいます。
時として、恋に盲目になってしまう事も。
若いために、欠点だらけの相手に恋をしていても、盲目となり気づかない事だってよくあります。
正しいことが分からない、何が良くて何が悪いのか分からない、そもそも恋愛とは何かもまだ知らない、そんな若い子も、闇雲の内に恋愛を経験し、次第に成長してゆきます。
若い子と年配の人物が恋愛をするのは意外にも簡単。
若いゆえに、恋愛におけるデメリットを計算しないために、簡単に恋をしてくれるのです。
特に、容姿が良い、構ってくれる、お金を持っている、なんて相手でしたら若い子の恋愛相手として最適。
若い子と恋愛をしたい時は、やはりインターネットにおける出会いが一番ですね。
今や若い子にとってインターネットは手放せない必須アイテム。
パソコンから、携帯電話からインターネットを嗜んでいます。
インターネットで外部と接触したい、知らない人と出会ってみたい、なんて夢を抱いている若い子も多数。
若い子を恋人にしている人の多くは、やはりインターネットで出会っています。
若い子の落とし方は、とにかく構う、褒める、恋愛気分を提供する。
若くない相手ですと、相手の品定めにも慎重、就職していない、収入が少ない、容姿がいまいち、おごってくれない、将来性がない、学歴が低い、人間性が低い、下品、と細かくチェックされてしまいますが、若い子ですとそこまで気が回らないものです。
とにかく恋愛相手が欲しい、という若い子も多く、若い子と付き合ってみたい人はインターネットで手当たり次第にアタックしていると、相手が得られますよ。
若い子と付き合うためには、最低限の容姿、もしくはお金が必要。
相手は若さを提供してくれるのですから、自分も惜しみなくメリットを提供してあげましょう。

012908

大学教員に恋する女子大生

012908
私の職場(某理系大学)で実際に起きた話です。

新たに助教として採用された若手独身のAさんは、ルックスはまあまあですが、社会人の野球チームでショートを守るスポーツマンで、すっきりさわやかな物腰と丁寧な指導から、さっそく学生の人気を集めました。

学生は男女比が3:1ほどなので、普通の男性教員は、たとえ独身でも恋愛対象としてお呼びでないのですが、たまたまプレゼミ体験で講座に来た女子学生がAさんをすっかり気に入ってしまい、それから講座に入り浸るようになりました。私たち周囲には特に迷惑になるわけでもなく、むしろ友人の女子学生を連れてくるなどして職場が華やいだ感じになったので、何となく教授も含めて、なかば公認となりました。

彼女は「教員と学生が付き合っても問題ないでしょうか」と周囲に聞くほど真面目でしたが、あまり恋愛経験がなく舞いあがっているなという印象は消せない感じでした。対してAさんは、まんざらでもないようでしたが、付き合いを公言するわけでもなく、わざとあいまいなままにして置いているようでした。ただ、ふとした時に彼女の下の名前を呼んでいたところを見ると、親しい関係は進んでいるようでした。

Aさんの着任から半年たち秋が深くなる頃には、実家から通学している彼女は、Aさんをしきりに家に招くようになりました。それまでAさんは彼女の実家に行くのは何となく避けているようでしたが、次第に逃げられなくなってきているようでした。

今になって思うと、Aさんは少し年の離れた女の子と楽しく過ごすのが新鮮だったものの、結婚するとかは考えておらず、だんだんと面倒くさくなってきたようです。しかし元来誠実な彼は、彼女にひどい仕打ちをすることはできず、悩んでいたようでした。また、教員である自分が教え子である彼女を振ったといううわさが広まると、将来的に都合が悪いのではないかという恐れも感じていたことを、ふとした会話の中でこぼしていました。

彼女の両親が、彼女の強い思い込みに対してどう思っていたかは、第三者の私たちにはわからないことです。しかし、なにか彼女の実家で決定的な出来事があったのでしょうか、クリスマスの近づく頃から、彼女は講座にあまり顔を出さなくなりました。

クリスマスイブの夕方、私の講座の教員はまだ仕事をしていたのですが、Aさんは携帯に連絡を受けた後、そそくさと退社してゆきました。私たちは彼女からの電話だと噂しました。何があったのか、Aさんの口から語られることはなく、私たちもそれについて聞くことはできませんでした。

年が明け、私たちは講座で彼女の話をしなくなりました。Aさんはごく普通に勤務していましたが、2月の半ば、昔の恩師の紹介で、新しい勤務地に異動することになりました。その経緯には、講座の教授の計らいがあったようですが、確かなことは分かりません。彼女はもう全く講座には来ず、Aさんの異動を知っていたのかどうかは分かりません。

あれから2年がたち、Aさんは新しい職場で紹介された女性と結婚したそうです。今も私たちとは親しくメールを交換しているのですが、毎日張りのある生活をしているそうです。

彼女はまだ在学中で、時折キャンパスで出会うと、親しく挨拶してくれます。以前に比べると、幼さが抜け、すっかり大人の女性の雰囲気を漂わせています。Aさんのことを話すことはありませんが、私たちの講座のメンバーに会って話をするときの横顔に時々、少しさびしいような、何かを思い出すような色が射すのは、私の気のせいではないと思います。

そういったとき、恥ずかしさを隠さずにAさんに向かっていた以前の彼女を、なんだか懐かしくほほえましい気持ちで思い出します。

私の話はこれで終わりです。

012907

若い子との恋愛について

012907
いくつまでを若い子、と言うかは微妙な所ですが、かなり年下の子と、恋愛に発展した事があります。
どちらから、どう、という事はありませんでした。最初は、友達だったのです。メル友がいないから、誰かメル友になって!と、私の呼び掛けに彼が答えてくれたのです。
今時の子は面白いですね。
普通に話す時と、メールで話す時のギャップというか、違いというか。
いきなり、
「今度の休みは空いてますか?」
と、聞かれて、
「空いてるけど、何処か行くの?」
と、返事すると、
「何処何処に行きましょう」
と、返事があります。
「でも、ひとつ約束して下さい。俺の彼女になって下さい」
と、言われました。
可愛いな、と、思ったので、
「いいよ」
と、返事して、彼女になりました。そして1度デートしたら、もう、態度は激変です。
一昔前なら、そういう事って二人だけの秘密にするものでしたよね。
人の中にいながら、あっちとこっちで、目と目で合図する、みたいな、そういった楽しさがありましたよね。
今はないのでしょうか。
誰が見てようと、お構い無しでベターっとくっついて来ます。
「端で見ている方が何だか恥ずかしいから、見えない所でいちゃついてよ!」
と、他の人から嫌みを言われましたが、彼にはそんな嫌みも、嬉しいようです。
彼の友達などには、私との事は全報告のようです。
何だか最近では、
「逃げ場なし」という言葉が、頭の中をめぐります。
昨今、恋愛のもつれから、自分の恋人を手にかけてしまう、という事件がわりとあるように感じますが、彼を見ていると、そうなるのが分かる気がします。
それしかないんですよね。それが全てになってしまう。だからと言って、嫉妬深い訳ではない。でも、気が付いたらいつでもそばにいる。正直言うと、子供みたいに振る舞うんです。私は、彼女でもあり、お母さんでもあるんです。
年代の特徴というよりは、性格的な特徴と言った方が正しいのかな、とも思います。
少し素っ気なかった友達としての彼を知っている分、何か妙な気持ちです。

012906

若い子の恋愛って素敵

012906
私は、もう35歳になる主婦ですので、とうてい若者とは言えません。いつまでも若いつもりでいましたが、いつの間にやら、もうすっかり中年女性になってしまったようです。
こんな私が、若い子達の恋愛話を聞くと、とても新鮮です。私たちの頃と同じだなぁ、と思うこともあれば、違うなぁ、と思うこともあります。
たとえば、私は女性なので、やはり女の子達から恋愛について相談を受けたり話を聞くことも多いですが、私たちの頃と同じように、彼氏が自分のことを大事に思ってくれているのかわからないと悩んでいたり、プレゼントに何をあげたらいいか迷っていたり、また片思いの子であれば、思いを伝えるにはどうしたらいいかなど、悩んでいたりします。
毎週末にはデートするなどの話も聞いて、なんとなくほほえましく思ったりします。
今時の若い子の恋愛が私たちの頃と一番違うと思う点は、やはり、スマホやラインの利用です。このようなものは、当然私たちの時代にはありませんでした。
私たちが若い頃は、携帯メールを使って主にやりとりしていました。あとは、電話もよくしていました。
しかし、今はラインが本当によく利用されています。あとはツイッターなどでも、やりとりはしているようですし、ブログやフェイスブックでもやりとりをすることもあるようです。
このようなコミュニケーション方法については、本当に様変わりしたと感じます。

若い子達の恋愛は、本当に心から応援したくなります。一番がんばれ!と思うのが、結婚についてです。
やはり、「プロポーズする」と意気込んでいる男の子や「いつ結婚してくれるんだろう」とプロポーズを待っている女の子へのアドバイスを考えるのは、とても楽しいです。
プロポーズの方法を悩んでいる男の子なんかには、モデルコースを考えて提案してあげたりなどもしています。
あとは、結婚式についても、聞かれたらアドバイスをしたりします。私はお節介な正確なのかもしれませんが、このようなことがとても楽しいです。
そして、自分がアドバイスした子達が無事に結婚したなどの報告を受けると、本当に心からうれしく思いますし、幸せになってね、と祝福する温かい気持ちでいっぱいになります。
若い子達の連雷は、さわやかでとても素敵だと思います。

012905

海辺での散歩デート

012905
私は、18歳の高校生です。
若い子の恋愛というタイトルでいくとちょうど年齢的にも該当するのではと考え、
最近した自分のデートの体験談を投稿します。
私は、海を見るのが大好きで海岸沿いを歩いてのんびりと過ごすデートに憧れていました。
彼氏にもそのことを常々、語っていたのですがついに去年の10月に海岸沿いを歩くデートを行いました。
10月で人気もすくなく散歩をしている人や砂浜で遊んでいる人しかいない状況で、
ほとんど私たちの貸し切りに近い状態。
波の音も良くて風も程よく吹いているロケーションは憧れていたものでした。
特になにかするわけでもないのですが、彼氏の顔に夕日の光が当たっている姿がなんともかっこ良くでいいなという凄く良い思い出が残っています。
海までは電車に乗っていきました。
都会に住んでいるので普段から海の見えない土地に自宅がありましたが、電車を乗り継いで湘南にきました。
私は、彼氏との普段のデートと思ってショッピングができるようなヒールにスカート姿でデートに向かいました。
ただ、突然電車に乗って到着した場所が海辺だったので嬉かったです。
ただ、ヒールをはいていたので砂浜にずぼずぼと刺さって歩きにくかったです。
そのため、ヒールを脱いで裸足で砂浜を歩きました。
さらさらとした感触でした。
砂浜にヒールで突入する姿は周りの人から見れば間抜けな姿かもしれませんが、
嬉しさのあまりヒールを履いていることも忘れてしました。
彼とは、砂浜で2時間ほどお話をしました。
次、湘南に来る時にはヒールははかないでおこうと思います。
また、なにか遊べるものをもってこようと思いました。
凧揚げやビーチバレーなど。
実際に来てみると、体が動かしたくなったのでスポーツも良いなと思います。
高校生らしいデート経験の少なさが笑えるような、
海辺での私の初めてのデートの経験談でした。
彼氏との素敵な思い出で、私は以前よりももっと海がすきになりました。

012904

若い子が恋愛するとき気をつけること

012904
よく、初めて付き合った相手のことはなかなか忘れられないと言います。
若い子が恋愛するときは、恋愛に夢中になってしまい、本来すべき学業をおろそかにしたり、交際相手にとって負担になるような言動をとってしまうことがあります。
若い子が一番大事にしなければいけないことは、高校生でも大学生でも学業です。学業を一番に考えられないカップルはいずれだめになるでしょう。
現在はネット社会です。自分自身が若い頃はまだなかったですが、例えば一度ネット上に流れた写真は絶対に消えません。
いくら好きな相手とは言っても、若い子が特に下着姿やましてや裸の写真を撮らせるのは止めたほうが良いでしょう。
そのときは良くても、別れたあとに相手に写真をネットに投稿されるようなこともあると思います。
また、特に若い男の子は性欲がとても強いですが、交際している女の子に対して我慢強さや優しさをもつこともとても大事です。
交際相手が20歳以下の女の子である場合は、できるだけ性行為まですることは控えたほうが良いでしょう。できればキスまでで止めておくべきでしょう。
若い男の子は交際相手と性行為したい、という思いがものすごく強くなると思いますが、若い女の子はまだそこまで思っていない場合が多いでしょう。
そんなときに男の子は我慢強く、交際相手のことを思いやりながら交際を続けていくことが肝心だと思います。とても辛いことではありますが。
女の子の保護者の思いを慮ることも大変大事です。保護者は自分の娘に交際相手がいて、二人がどんな交際をしているのかとても気にしています。
ましてや成人前に外泊をしたり、性行為をすることなどもってのほかと考えているはずです。
若い男の子は女の子の保護者と良好な関係を築くためにも、自分の性欲のみを優先するでなく行動していくことが大切になります。
よく言われる、爽やかな交際をすることが、若い子が恋愛する上で大事なことになると思います。

012903

自分の時間と恋愛

012903
真面目と不真面目な付き合いで、どんな恋愛が出来るのかが変わります。今は10代で出来婚や結婚をするカップルも多いかと思います。それに憧れのモデルやタレントが出来婚をしたりすると、結婚への憧れが募ることもあるかと思います。好きでもないのに相手と肉体関係を持って、予想外の妊娠をしてしまったり、焦って結婚をしてしまったり、そんな若い子もいると思います。まだまだ若いのに、彼氏や好きな人のためにお金や時間を使ったり、全部自分の時間は彼氏のための時間だと思っていたり、まだ若いのに勿体無い、もっと自分の時間を大切にしてほしいと本当にそう思います。

軽はずみな言動や行動、自分だけの人生なら良いですが、人生は自分だけでないのです。親や兄弟、祖父母がいたり大切な人々がいます。予想外の妊娠で周りの人々に迷惑をかけたりするのは本当は良くありません。若いから子供を産むなって言うことではなく、【若いから、若いうちに、若いからこそ】もっと自分のすべきこと、時間を大切にしてもらいたい。周りが彼氏がいることに焦り、焦って適当に誰かと付き合ったり一時だけの快楽に陥ったり、周りが結婚していくから、焦って紹介をしてもらったり合コンに行ったり、それで良い結果もあれば悪い結果もあると思いますが、恋愛は焦ってするものではありません。

でも、お互いを想いあったり、お互いの時間を大切にできる束縛をしないカップルを見ると本当に幸せな気分になったり、嬉しくもなります。私はそんなことを経験したこともなく、羨ましい限りです。私の若い頃、10代のときは何故か焦っていました。【誰かと一緒にいたい。誰かの温もりに浸かりたい】なんて、ずっと考えていました。予想外の妊娠、出産をしてしまい現在シングルマザー。自分の無責任な行動、周りの気持ち、本当にいろいろ考えました。

恋愛をするのは良いけれど、時間を全て恋愛にするのは勿体無い。自分の時間を大切にしなきゃって本当に思います。私も子供はいるけど独身なので、次こそは自分の時間や今しか出来ないことに目を向け、先の幸せも考え生きていきたいです。

012902

デートのファッションセンスが若い子は良い

012902
最近、町中やショッピングモールでお買い物をしていると若いカップルがデートをしてる現場を目にします。
そこで思うのが、非常にファッションセンスが良いなということです。
男性も女性も清潔感あふれる服装の人や、自分の趣味を存分にアピールした服装をしている。
でも、ぶっとんではいない。
ファッション雑誌に出ているモデルさんが昔に比べるとバラエティー番組に進出するようになったので、
綺麗目なファッションショー用の洋服だけでなく番組できる私服に近い衣装を参考に自分の服装をコーディネートしているおかげなのかなと思います。
また、大学生になるとやたらと女性がブランドもののバッグを持っているところにも目がいきます。
いくらするんだろ?とか、彼氏からもらったのかな?とかいろいろと想像はしますが、
それにしても、ヴィトンの財布やら鞄を持っている人が非常に多い。
デートの時だからと気合いを入れて持ち歩いているのかもしれませんが、
私の意見では、まだヴィトンの価値を理解していないのではないかと思います。
洗練されたデザインやこだわり抜いた革製品のコンセプトも理解して使ってほしいなと思います。
ただのステータスとして周りの目を意識して使っているようにしか思えない人もいるので、
そういう方にはぜひ、価値を感じながら使ってもらえると女性としての器もより大きく輝かしいものになると思います。
これは、エールという意味でもっと女子力があがるという意味での意見です。
彼氏も、ブランドの似合う女性になってほしいと思っていますし、
似合えばプレゼントしたいと思うようにもなりますので、ぜひ、女子力の真の意味で高い女性であってほしいものです。
まとめると、最近の若いカップルはデートのときのセンスが非常に良い。
ただ、持ち合わせているバッグがやたらとブランドもので疑問が残る。
自分にあった服装と価値を理解したアイテムで人がうらやむカップルが増えることを期待しています。