022020

あまり思い出したくない恋愛

022020
今から数年前、私はブログで知り合った女性とつきあっていました。その女性は、外見ではなく、中身が私の好みではなかったはずなのです。いつも周りからちやほやされていなければ気がすまず、そのためなら、好きでもない男性に、ブログで好き好き言うような、まさに私が最も関わりたくない女性だったはずなのです。ただ、彼女がブログに自分の写真をアップしたときから、見る目は変わったのかも知れません。可愛いなと思ってしまったのです。

そしてその彼女が、とある事をきっかけに、私に猛アピールしてきたのです。まだ会ったことはありませんでしたが、お互い写真を交換し、電話もしました。嘘でもいいから好きって言って下さいと言われたこともありました。男なんて簡単なもんだなと我ながら思ってしまいました。私はもう、彼女に落とされていたのです。結局はじめて会ったその日に告白し、私と彼女の付き合いははじまったのです。

結果、それから五ヶ月後に、彼女に突然振られることになります。デートの二日後です。デートの時は、お互いイチャイチャしていたのに、なぜそれからたった二日後に、急に彼女の気持ちは冷めてしまったのだろうと、全くわかりませんでした。ただひたすらに、答えのない自問自答を繰り返しました。そしてただひたすらに落ち込みました。

それから三年後、ひょんなことから、元カノと会う事になりました。その時に、あの時何がいけなかったかを聞いてみました。すると彼女の答えは、やきもちをやいたりするのに疲れた、との事でした。確かに当時、私には仲の良い女友達がいましたが、その子より彼女のほうがずっと可愛いと言ってましたし、やきもちをやく必要なんてないと何度も何度も伝えてきました。でも結局それはムダだったのです。女心とはとかく難しいものです。

そのほかにも色々な話をしましたが、正直別れてよかったとも感じています。彼氏彼女という関係から解放された彼女は、私に色々な話をしてきましたが、結局遅かれ早かれの関係だったんだなと、痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>