022019

うまく言えなかったのを後悔

022019
恋愛がうまく進展しなかった経験はたくさんあって、終わってから後悔することばかりが思い出されます。
だいたい原因は自分の優柔不断な態度からなので、相手を責める気はまったくないのですが、なぜもう少し早く自分の気持ちを伝えられなかったのかと思ったところで、いつも過ぎてしまわないと実感できないものなのでしょうがないという気もします。
恋愛上手な人達はそれがわかっているんでしょう。
どうやら私の場合はそういった部分で人一倍鈍感なのです。
どうしても別れ際がきれいではないのが残念なのですが、後々相手に対して好感が持てるかどうかはその都度違うようです。
自分の身勝手さが別れる原因だと痛感すると逆に相手の幸せを願うもので、多少の修羅場はあったとしても時間が経つと反省することが多いものです。

数年前に別れた相手はとても献身的で優しい人でした。
彼女と結婚できなかったのは私があまり真剣に付き合おうとしなかったためです。
それでも中途半端な状況で三年近くは付き合ってました。
相手は真剣でしたが当時他の人に気があった私はどこか遊び半分な態度のまま、今思うと相当失礼なことをしていたと反省しますが、辛抱強い彼女のお陰でその間は一人でいる寂しさを感じなくて済みました。
彼女の想いに応え切れないまま時間が過ぎやがて彼女は去っていったのですが、彼女の存在感があまりに大きかったと痛感したのはいなくなって数ヶ月後のこと、慌てて何度もアプローチしましたがもうその頃には他の男性といい付き合いが始まっていました。

情けないほど未練たっぷりだった私は何とか彼女の気持ちが戻らないか画策しましたが実を結ばず、その翌年彼女は結婚してしまったのです。
その後何度か仕事の関係で顔を合わすことがありましたが、結婚した後は彼女に対して感謝の気持ちが強くあります。
と同時に会う度にやはり魅力的には見えてしまって勿体ないことをしたなあと後悔してしまいます。
その後いい出会いに恵まれていないことを考えると、彼女のことをもっと大事にすべきだったようです。
うまく伝えられなかった当時の自分、まだまだ子供だったということでしょう。
今になって彼女に対していいイメージがあるのでおそらく良かった恋愛に入ると思うのですが、ただただ残念ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>