022016

遊び相手だったと判明した恋愛

022016
私が20歳の頃ですが、福祉関係の勉強をしていた私は、夏休みに一ヶ月間施設で実習をすることになりました。
泊まり込みでの実習で、私の大学から数人女性、他の短期大学から男性が二人来ていました。
一ヶ月間泊まり込みでということはかなりハードで、自分自身も疲れてしまったりして、色々ありました。
そういった時に男性の方の一人が優しく声をかけてくれたのです。
いわゆるイケメンの部類に入る彼で、運動神経は抜群に良かったですし、素敵だなと思いました。

そして実習先で、関係を持つようになってしまいました。
私は彼のことが好きでしたし、彼も私のことが好きなのだと思っていました。
「付き合おう」という話も出ていて、正式に言われたわけではないけれど、もうカップルのようなものだと
思っていました。

そして家に帰り、何度か彼とデートをしました。
しかし彼が財布を忘れて来ていたり、全くデートプランを考えて来ていなかったりと、私のことを大事に思ってくれていない
ことが伝わってくるように感じていました。
メールをしてもそっけない返事ということが続きました。
しばらくすると音信不通になりました。

その時に彼になぜ?というメールを送り判明したことが、彼には彼女がいたということでした。
「最初からどうでも良かったし、彼女いるし。」という文面を見た時には、びっくりしましたしショックでした。
でも自分がそれを見抜くことができなかった、そして簡単に体を許してしまったことから、遊び相手として思われたんだなと
後悔しました。

彼女と会えない実習期間は疑似恋愛みたいになっていましたが、帰ってみて彼は冷静に考えると、彼女もいるしもう遊んだからいらないと思ったのだと思います。
しばらく未練は残りましたし、彼に想いもありましたが、そういった時に必ず頭によぎるのは最後のメールの文面でした。
最低な男だと思いましたし、結局お付き合いしていても上手くいかなかっただろうと思い、自分の気持ちを静めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>